烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

原爆ドーム

 呉市でレンタカーを返して電車で移動。その夜は広島市内に宿泊しました。食事の場所を探して歩き回っているとライトアップされた「原爆ドーム」を見ることが出来ました。数年ぶりの対面です。

夜の原爆ドーム
夜の原爆ドーム

 原爆ドームは、大正4年(1915)に広島県内の物産品の展示・販売をする施設として建てられ、当初は「広島県物産陳列館」と呼ばれていましたが、昭和8年(1933)には「広島県産業奨励館」に改称されています。
 チェコの建築家ヤン・レツル氏の設計で、一部鉄骨を使用した煉瓦造、石材とモルタルで外装が施されていました。全体は3階建ですが、中央部分の階段室の上に銅板の楕円形ドームが設置されていたのが特徴で、川面に映えるモダンな建物として観光名所の一つに数えられていました。
 昭和20年(1945)8月6日午前8時15分。広島県産業奨励館から南東約160メートル、高度約 600メートルのところで人類史上初の原子爆弾が炸裂します。
 爆風の圧力は凄まじく、建物は爆風と熱線を浴びて全焼。本館の中心部は奇跡的に倒壊を免れたものの、館内にいた人はすべて即死したそうです。
 戦後、旧産業奨励館の残骸は、残った頂上の円蓋、鉄骨の形から、「原爆ドーム」と呼ばれるようになりました。
 昭和41年(1966)には広島市議会が原爆ドームの保存を決議し、その後、国内外での善意の募金により3回の大規模な保存工事が行われています。
 また、平成8年(1996)には、ユネスコの「世界文化遺産」に登録され、核兵器の廃絶と恒久平和の大切さを世界へ訴えるシンボルになっています。

原爆ドーム
原爆ドーム

原爆ドーム
原爆ドーム

原爆ドーム
原爆ドーム

広島県広島市中区大手町1丁目10
スポンサーサイト

| 昭和時代 | 23:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。