烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

詩仙堂

 宮本武蔵ゆかりの八大神社に隣接する詩仙堂は、徳川家の家臣で江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡で、国の史跡に指定されています。現在は曹洞宗の寺院でもあり丈山寺と言います。
 名前の由来は、中国の詩家36人の肖像を掲げた詩仙の間から来ています。 肖像は狩野探幽によって描かれ詩仙の間の四方の壁に掲げられているそうです。



Imag3560
山門



Imag3561
参道

Imag3562
詩仙堂



 庭園造りの名手でもあった丈山自身により設計された庭は春のサツキや秋の紅葉など四季折々に楽しむことができ、多くの観光客が訪れています。



Imag3565
庭園


京都府京都市左京区一乗寺門口町27



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 05:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/99-213ab14d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。