烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

築地本願寺

Ca3d0162



 築地本願寺です。



 京都の西本願寺の東京別院で、本堂は古代インド様式。



Ca3d0164  Ca3d0163



 近くを散策していると、軍艦操練所跡の説明版がありました。



 旗本、御家人の軍事教育機関として講武所内に設置された。



 さらに歩くとかちどき橋が見えました。



Ca3d0168 Ca3d0166 

スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 11:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

 築地本願寺は元々浅草にあったのが江戸時代最大の火災「明暦の大火」で焼失し幕府が復興による移転先として割り当てたのが今の場所で当時は海上だったそうです。
 そこで信者が海を埋め立てて寺を再建したそうです。埋立地という意味で「築地」の地名の由来となっています。同じ宗派のお坊さんから聞きました。
 ちなみに江戸城の天守閣も焼失した「明暦の大火」は通称「振袖火事」とも呼ばれ本妙寺が火元とされている。(隣の老中阿部忠秋宅が火元でそれをかばったという説もある。)この本妙寺は明治以降巣鴨に移転していて墓地には歴代本因坊の墓がある。そういう意味では囲碁とも関わりがあるとも言えるかも?(かなり強引)
 当時の建物は関東大震災で焼失し再建されたのが現在の建物だそうです。参考まで!!

| taka | 2011/01/23 22:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/976-499f32aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。