烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親鸞ゆかりの本願寺北山別院

 京都市左京区の一乗寺にある本願寺北山別院は浄土真宗西本願寺派の西本願寺の別院です。
 境内にある「御聖水」は、建仁元年(1201)に親鸞が百日参籠の際に身を清めた湧水と伝えられています。
 当時、親鸞は比叡山で修行をしていましたが、100日間、比叡山から聖徳太子ゆかりの六角堂の救世観音にお参りしています。
 北山別院は、比叡山と六角堂の中間に位置していることから、往路ではここで身を清め、復路では休憩の場としていたそうです。
 その後、親鸞の夢枕に救世観音が現れ、東山の吉水にいる法然を訪ねよというお告げを受けます。お告げに従い、親鸞は浄土宗開祖・法然上人の弟子となっています。




Imag3620
山門




Imag3623
本堂




Imag3626
御聖水




京都市左京区一乗寺薬師堂町29



スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/97-07e49d38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。