烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

興雲閣(松江郷土館)と松江神社

Ca3d0498 Ca3d0497

「二ノ丸番所跡」後方に興雲閣と松江神社がある。

 松江城を見学した時、観光用駐車場から城山公園(松江城)に向かって歩いていくと二ノ丸番所跡がある。井戸等が発掘されて復元されている。その隣に興雲閣という洋館が建っていた。現在は松江郷土館として使われているが明治36年に明治天皇の行幸を願って建てられた木造の洋館である。結局、日露戦争により実現しなかったが明治40年に皇太子(後の大正天皇)が行啓し宿泊施設として利用されている。

Ca3d0502 Ca3d0503
興雲閣(左)と二階の拝謁所(右)>

 興雲閣の隣に松江神社があった。別の場所に松平直政公(松平初代藩主)を御祭神として旧松江藩士が明治10年に創建した「楽山神社」と寛永5年(1628)に堀尾忠晴公が創建した東照宮(徳川家康公が御祭神)を明治32年に合祀し現在の場所に改称し移したもの。>

 昭和6年には堀尾吉晴公(松江開府の祖)と中興の祖といわれる松平治郷(不昧)公(7代藩主)も御祭神として祀られている。

Ca3d0499 Ca3d0500
松江神社

スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/946-81d79f32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。