烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地震

 東日本大震災から一週間が経ちました。



 囲碁教室でアシスタントをしているため、その日も指導碁を打っていました。私は打ちおわっていましたが、講師の先生や生徒のかたは対局中でした。



 地震が発生し、あわてて机の下に隠れるかた、外に出ようとされるかた、おかまいなしに対局を続けられるかたなどさまざまでした。



 私はその日は教室の会場に泊まり朝に帰りました。午前七時に出たのですが、帰宅したのは午後の二時でした。いつもなら一時間ちょっとの道程です。



 ですが、東北の被災地の方々にくらべればなんていうことはありません。



 



 囲碁界ではその日、棋聖戦第六局がおこなわれ張棋聖が井山名人の挑戦を退け防衛を果たしました。女流名人戦は日本棋院でおこなわれていたため中断となりました。



 日本棋院は一般の方の入場を禁止したようです。三連休におこなわれる予定だった大会やイベントは中止もしくは延期になりました。



 



 昨日は私の通うダイヤモンド囲碁サロンではプロ棋士の万波奈穂さんとインストラクターの稲葉禄子さんによるチャリティー指導碁がおこなわれ多数のかたにご参加いただけました。



 被災地の早い復興を心からお祈りいたします。

スポンサーサイト

| 囲碁あれこれ | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/939-f97c97fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。