烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宗旦稲荷神社

 京都相国寺の一角にある宗旦稲荷神社の由来のなかに囲碁のはなしが出てくる。

 昔、相国寺の境内に住みついていた狐は千利休の孫で千家の基礎を固めた宗旦になりすまして、しばしば出没していたので「宗旦狐」と呼ばれるようになった。

 その宗旦狐のはなしのひとつに、これもなりすまして碁を打ったというはなしがある。

Sany0143  Sany0145

 由来書きの下のほうには見えにくいかもしれないが、碁の字が見える。

スポンサーサイト

| 囲碁が関わった出来事 | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/890-00b0ff3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。