烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大徳寺

Sany0191



 大徳寺には二十一の塔頭があり、それぞれが大名の菩提寺になっている。



 鎌倉末期に創建され、花園天皇と後醍醐天皇の厚い信仰を受けた。室町時代には幕府の保護を辞退し在野の禅院として独自の立場を貫いた。



 応仁の乱で建物は焼失したが、四十七世住持一休宗純が堺の豪商の保護を受けて復興した。豊臣秀吉や諸大名により建物や寺領が寄進され、江戸時代初期に現在の建物が整えられた。

スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 08:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/881-37259691

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。