烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

土佐藩士寓居跡(竜馬・後藤・中岡)

 京都市役所の周辺には幕末に活躍した人物の寓居跡、幕末の暗殺事件の現場などが多い。



 土佐藩の三人、坂本竜馬、後藤象二郎、中岡慎太郎の寓居跡は京都市役所から河原町通りを歩き、河原町駅に行くまでの道を高瀬川のあるほうに曲がったところにそれぞれある。



 竜馬と後藤は通り一つを隔てているだけだが、中岡だけは河原町駅の近くまで歩く。ちなみに以前紹介した池田屋跡の飲食店と竜馬の寓居跡は通りひとつ違いである。



 坂本竜馬は薩長同盟を結ばせるなど幕末に活躍した人物で、中岡慎太郎は竜馬とともに暗殺された。後藤象二郎は竜馬の意見をいれ、大政奉還案を藩主に進言した政治家である。



 



Sany0209  Sany0210



坂本竜馬の寓居跡(海援隊京都本部)



 



Sany0211



後藤象二郎寓居跡



 



Sany0214  Sany0213



中岡慎太郎寓居跡

スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/878-b205d752

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。