烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金閣寺(鹿苑寺)

 京都の有名な観光名所でもある「金閣寺」は正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つです。舎利殿「金閣」が特に有名なため寺院自体が「金閣寺」と呼ばれるようになりました。
 元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。
 義満の死後、遺言によりお寺となり、夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。
 「金閣」を中心に庭園や建築物が配置され極楽浄土を表していると言われ、「北山文化」を代表する建築物でしたが、昭和25年(1950)に放火により焼失し、昭和30年(1955)に再建されています。
 平成6年(1994)にはユネスコの世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」の構成資産に登録されています。



Imag3651

総門



 



Imag3658

金閣寺



 



Imag3659

金閣寺



 



Imag3660

金閣寺



 



 銀河泉は義満がお茶の水に使ったと伝えられていて、今も清冽な清水が湧き出しています。



 



Imag3661

銀河泉



 



Imag3666

不動堂



 



京都府京都市北区金閣寺町1











スポンサーサイト

| 室町時代 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/87-55a74563

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。