烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

原爆下の対局1

 第二次世界大戦末期の昭和20年(1945)8月6日に広島市において世界初の実戦による原子爆弾使用により約14万人が亡くなった事は私達が忘れてはならない出来事の一つだと思う。また、囲碁界においても語り継がれる出来事のひとつである。いわゆる「原爆下の対局」である

 経緯を簡単に説明すると当時唯一のタイトル戦であった本因坊戦は東京大空襲により日本棋院が焼失し東京での開催が困難となった。「本因坊戦の火を消してはならない」との思いから第二期本因坊橋本宇太郎七段(本因坊昭宇)に対し岩本薫七段が挑戦する第三期本因坊戦が橋本本因坊の師匠である瀬越憲作八段の故郷で疎開先である広島市で行われる事となった。当初、六番勝負全局を広島市内中心部にある日本棋院広島支部長の藤井氏の別邸で行う予定であった。しかし、第一局(岩本七段勝利)が行われた7月23・24・25日にはアメリカ軍機の機銃掃射が会場の屋根に当たる等、市内での対局は危険度を増したため二局以降の対局を広島市内から10キロほど離れた佐伯郡五日市町吉見園(現広島市佐伯区吉見園)の中国石炭の寮で行われることとなった。第二局は8月4日から三日間で行われ、その最終日8月6日、前日までの手順を並べ直した直後の8時15分にB-29から投下された原爆が炸裂した。爆心地から10キロ離れた会場でも爆風で碁石は飛び、窓ガラスは粉々になるほどの被害を受けたという。この時、橋本本因坊は吹き飛ばされ庭にうずくまり、岩本七段は碁盤の上にうつ伏してしまったが、立会人の瀬越氏は平然と正座したままであり皆感心していたが後日、本人は腰が抜けて動けなかったと語っている。対局は一時中断されたが清掃の後に再開され正午ごろに終局。橋本本因坊が勝利を収めた。

Hirosima1_2


 広島市の平和公園内を歩いていると旧中島地区のあたりに写真のとおり被爆直後の写真があった。壁を一面だけ残して崩壊したレンガ造りの建物。その周りにあった家は跡形もない。右後方には原爆ドームが見える。原爆の悲惨さを伝える有名な写真だ。

 ところでこの建物は何の建物であったかご存じであろうか。明治32年に住友銀行広島支店として建てられたもので場所は中島町本町といい市内有数の繁華街であったという。昭和3年には銀行の移転に伴い貿易商の藤井商事という会社が入居した。この藤井商事の社長こそ日本棋院の広島支部長で本因坊戦第一局の会場を提供した方である。その場所だが、藤井商事の建物の右側通路を抜けた所にあり写真をみても分かるとおり、もしこのままこの場所で碁が打たれていたらどうなっていたか火を見るより明らかである。藤井支部長以下、広島市内に残った関係者も原爆投下により亡くなっている。

スポンサーサイト

| 日本棋院 | 10:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/854-57df3bda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。