烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本妙寺

Sany0005  Sany0037



 東京巣鴨にある本妙寺は江戸時代におきた明暦の大火こと振袖火事の出火元としてしられる。出火元に関しては罪をかぶったという説もある。

 振袖火事は、ある娘が大変大事にしていたもので、お寺に供養として渡すと、寺はそれを売ることが習慣になっていたが、何度も同じ振袖が戻ってくるので焼いてしまおうとしたらそれが火元になって江戸中に燃え広がって江戸城の天守閣も焼けてしまったという大火だ。

 現在の場所は移転したところなので、出火元ではない。



Sany0015



 本妙寺にはいろんな有名人の墓があり、囲碁界でも歴代本因坊の墓がある。これらは江戸時代から大正までの世襲制本因坊の墓である。一世算砂から三世道悦までは京都の寂光寺にあるので、ここには四世道策から二十一世秀哉までの墓がある。

 中心に建つのが秀哉の墓である。それと向かい合うように小岸壮二(家元時代が続けば二十二世本因坊になっていたかも)の墓がある。




Sany0035  Sany0036

 その他にも遠山の金さんと剣豪千葉周作の墓もある。

スポンサーサイト

| 本因坊家 | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/838-ed063fa1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。