烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

増上寺

Sany0010



Sany0014  Sany0015




 増上寺は、明徳四年(1393)、浄土宗第八祖酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人によって開かれました。
 場所は武蔵国豊島郷貝塚、現在の千代田区平河町から麹町にかけての土地と伝えられています。
 室町時代の開山から戦国時代にかけて、増上寺は浄土宗の東国の要として発展していきます。

 徳川家康が関東を治めるようになってからまもなく、増上寺が徳川家の菩提寺に選ばれた。慶長三年(1598)には現在の芝に移転しました。

 増上寺には二代将軍秀忠をはじめ六人将軍が眠っています。家康と三代家光は日光東照宮ですが、あとの将軍は上野の寛永寺に眠っています。
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/833-1fd068ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。