烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

総持寺

 西東京市田無町にあるこの寺は草創は行基菩薩が大聖不動明王を刻んでこの地に安置したのに始まる。中世期の様子は明らかではないが、天文十三年(1544)銘の板碑や鎌倉様式の不動尊像が残っていることから、推察される。総持寺としての前身は、元和年間(1615-1623年)法印権大僧都俊栄の開創で、田無発祥の地・谷戸にあった法界山西光寺である。
江戸時代に入り青梅街道が整備されると、宿場町が形成され、谷戸の住民は代官の指示で移住させられる。慶安年間(1648-1651年)に西光寺もこれに伴って寺構を現在の地に移した。
この後、尉殿大権現(現・田無神社)が移転し、西光寺が別当を兼ねていたが、明治に入って神仏分離の中、恵亮和尚は尉殿大権現の別当職を辞任し、御神体の倶利伽羅不動明王像を守る為、当山の本堂に奉安遷座した。明治八年(1875)には、西光寺が無住となった密蔵院、観音寺をまとめて田無山総持寺と称するようになる。




Sany0356  Sany0361




Sany0368




Sany0372  Sany0373



興教大師と弘法大師の像 



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/820-f9500471

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。