烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

源光庵 血天井

 京都市北区鷹峯にある源光庵は、貞和2年(1346)に臨済宗大徳寺の2世・徹翁義亨の隠居所として開基。元禄7年(1694)には卍山道白禅師により曹洞宗に改宗されます。
 現在の本堂は元禄7年の改宗時に建築されたもので、天井は、慶長5年(1600)に徳川家康の家臣・鳥居元忠が石田三成勢と戦い、自刀した時の伏見城の床板が供養のために使用されています。血痕や手形などが残り「血天井」と呼ばれています。



Imag3699
入口の看板



Imag3715
山門



Imag3703
本堂



Imag3711
血天井



Imag3709
江戸時代中期の京都で活躍した漢画系の絵師・山口雪渓による襖絵



Imag3706
本堂と書院の北にある北山を借景とした枯山水庭園。


京都市北区鷹峯北鷹峯町47



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/82-51dc03a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。