烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福厳寺の赤門

Dsc_0179




 墨田区東駒形町にある福厳寺は曹洞宗の寺院で江戸幕府が開府するより前の延徳3年(1491)に創建されて以来、場所も一度も変えていない。



 三代将軍家光が父秀忠の追福のために朱塗りの門を寄進し江戸時代より赤門寺と呼ばれていた。その門は関東大震災で焼失し、その後、紀州家中屋敷の門を朱塗りにし移設した。残念ながらこの門も戦災で焼失し、現在ある門はその後、復興されたコンクリート製の赤門である。



 また、赤穂浪士の大石内蔵助の縁者である大石三平の墓があるそうです。中に入れるか分からなかったので見ることができなかったが、三平は高松藩の家老で本所横網に住み福厳寺の住職に禅を習っていた。浪士達の江戸入りには便宜をはかり、禅の集会と称して浪士が集まる場所を提供し密談を重ねていたそうだ。




 場所 墨田区東駒形3-21-3



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/809-44e1f6cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。