烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神田明神

 千代田区外神田にある「神田明神」は正式には「神田神社」といい江戸総鎮守として多くの人々に崇敬されてきた。祭神は大己貴命(オオナムチノミコト・大国主命・ダイコク様)、小彦名命(スクナヒコナノミコト・エビス様)、平将門の三柱である。創建は天平2年(730)で現在の大手門あたりに出雲系の氏族により大己貴命を祭神として建てられた。承平5年(935)に発生した平将門の乱で死亡した将門の首が京から持ち去られて神社近くに埋葬されたが14世紀初頭に疫病が流行し、これが将門の祟りであるとされ神田明神に祭神として合祀された。 


 徳川家康が江戸幕府を開くと関東に武家による独立国家を造ろうとした将門を祀る当神社を幕府発展のため江戸城の表鬼門にあたる現在地に移転させ江戸の総鎮守とした。明治に入ると新政府の管理下に置かれ「神田神社」と名を改めるが明治天皇が行幸されることになり逆臣であった将門が祭神から外され小彦名命が勧奨される。将門の御霊は境内摂社に遷されていたが昭和59年に本社祭神に復帰した。


 江戸時代に建てられた社殿は大変豪華なものであったが関東大震災により焼失してしまった。その後、昭和初期に当時としては珍しい鉄筋コンクリートにより権現造りを模した社殿が建てられたがこれが幸いして東京大空襲では焼失を免れている。



 神田明神で行われる江戸三大祭りの一つである「神田祭り」は江戸時代には将軍上覧のため山車が江戸城の中に入ったので「天下祭り」とも呼ばれている。



Dsc_0263_2 Dsc_0265

「随神門」  ※昭和50年に建立



Dsc_0267 Dsc_0269

「御神燈」(随神門横)と 「御社殿」(昭和9年に再建)



Dsc_0268

「鳳凰殿」  ※神札授与所と参集所をあわせ持つ



Dsc_0273 Dsc_0270

「明治天皇御臨幸記念碑」と「獅子山」(江戸時代の関東三大獅子の一つ

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/803-c6010d94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。