烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーフデ号の彫刻

Imag0979_2
リーフデ号



                                 





 東京駅前の丸の内ビル南側にオランダの商船リーフデ号の彫刻があります。昭和55年にオランダの首相が来日した際に寄贈されたものだそうです。
 リーフデ号は、1598年にオランダ・ロッテルダムを出航。船団はリーフデ号を含め5隻でした。しかし、航海の途中船団の乗組員の多くが飢えと寒さで亡くなり、マゼラン海峡に到達したころには船団は2隻まで減少していました。
 日本を目指した船団は、1600年に暴風雨にあい、もう一隻も沈没。沈没を免れたリーフデ号は、現在の大分県臼杵市に漂着しました。
 この情報は。関ヶ原の戦い後、豊臣家後見として大阪城にいた徳川家康にもたらされ、家康は直ちに船員を大阪へ召致します。
 この時、大阪で家康と対面したのが航海士のウィリアム・アダムスとヤン・ヨーステンです。この面会で、二人とも徳川幕府の貿易顧問となり、ウィリアム・アダムスは三浦按針と改名。ヤン・ヨーステンは、現在の東京駅八重洲口に屋敷を与えられます。八重洲の地名はヤン・ヨーステンからきています。ヤン・ヨーステンは、朱印船貿易でジャカルタへ渡り日本へ帰る途中、船が座礁し亡くなったそうです。



スポンサーサイト

| 東京散歩 | 06:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/786-ebdeaf87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。