烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金王八幡宮



 渋谷にある八幡宮(こんのうはちまんぐう)は寛治6年(1092)に、渋谷の地に渋谷城を築き、渋谷氏の祖となった河崎基家(渋谷重家)によって創建されました。江戸時代には将軍家の信仰を得て、3代将軍徳川家光の乳母春日局は神門、社殿を造営したとされます。
 宝物館に展示されている算額は、和算において、数学の問題が解けたことを神仏に感謝し、奉納されたと言われています。やがて、数学の問題の発表の場として、問題だけを書いて解答を付けずに奉納するものも現れ、それを見て解答や想定される問題を再び算額にして奉納することも行われました。昨年上映された「天地明察」で冒頭、安井算哲が算額の問題を解いていた場所が、この神社です。
 境内にはこの他、日露戦争の凱旋軍人により建立された「明治三十八年戦役記念碑」があります。乃木大将による書です。



Imag0986_2
石段



Imag0989_2   
金王八幡宮山門



Imag0998
拝殿



Imag0999
宝物館に展示されている算額



Imag0990
明治三十八年戦役記念碑




 東京都渋谷区渋谷3-5-12



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/783-27c4d7c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。