烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国立西洋美術館

 国立西洋美術館は、上野公園内にある、西洋の美術作品を専門とする美術館です。収蔵作品は、印象派など19世紀から20世紀前半の絵画・彫刻を中心とする松方コレクションが基となっています。
 現在の川崎重工業社長を務めていた実業家・松方幸次郎は日本に西洋の美術品を展示する美術館を建設しようと20世紀初めにフランスで多くの美術品を収集しました。しかし、コレクションは第2次世界大戦後、フランス政府により敵国資産として差し押さえられ、国有化されてしまいます。戦後、サンフランシスコ講和会議の際に、吉田茂がフランスへ返還要求し一部のコレクションが、「寄贈返還」されることとなりました。(フランスはあくまで寄贈だと譲らなかったため「寄贈変換」という言葉が使われた。)
 今回、建物内には入りませんでしたが、庭には有名なロダンの「地獄の門」や「考える人」が展示されていました。
 また、美術館本館は世界的に有名な建築家ル・コルビュジエの基本設計をもとに建てられていて数年前にフランス政府が世界各国のル・コルビュジエ作品を一括してユネスコの世界遺産へ登録しようと申請しましたが実現しませんでした。日本ではこの動きに合わせて、従来、築50年以上が対象とされてきた建造物の重要文化財指定の目安を超えて、2007年に築48年で重要文化財に指定しています。



                 



Imag0742
  国立西洋美術館



                      



Imag0743
ロダン「地獄の門」



                      



Imag0746
ロダン「考える人」



                



東京都台東区上野公園7番7号



スポンサーサイト

| 東京散歩 | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/773-b7022219

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。