烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤坂御用地~紀州藩赤坂藩邸

Dsc_0565
赤坂御用地に隣接する迎賓館



Dsc_0566

紀伊国坂交差点近くにある門。




 港区元赤坂2丁目にある赤坂御用地は皇室専用の敷地で元々、紀州徳川家の上屋敷(紀州藩赤坂藩邸)であった。明治に入り政府が接収し皇室に献上された。 現在敷地内には、園遊会でなじみ深い赤坂御苑や皇太子一家が住んでおられる東宮御所をはじめとする各宮家の住まいがある。



 明治6年(1873)の皇居の火災により明治天皇がこの地に移り、明治21年(1888)に明治宮殿が落慶するまで皇居として使用されている。具体的な場所は現在の赤坂迎賓館のあたりらしい。迎賓館は明治42年に東宮御所として建設され大正天皇・昭和天皇が皇太子時代に住んでおられた。その他の時期は離宮として使われていたが、第二次世界大戦後、国に移管され現在は御用地では無い。用途は色々変遷を経て現在海外からの要人を接遇する迎賓館として使われている。平成21年(2009)に、旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)として明治以降の建物としては初めて国宝に指定された。



 なお、赤坂の地名の由来だが諸説ある内の一説として迎賓館付近の高台は赤根山と呼ばれていて、そこに上がる紀伊国坂を別名・赤坂あるいは茜坂と呼んでいたことからこのあたりの地名となったそうだ。



スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/758-1e729c2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。