烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北の丸公園~田安門

Dsc_0386 Dsc_0388

左写真は北の丸公園内より。右は靖国通りから。




 北の丸公園の北側の出入り口で靖国通りに面した「田安門」は、寛永13年(1636)に建てられた現存する江戸城で最古の建物で国指定重要文化財に指定されています。九段下から日本武道館に行かれる方は必ずくぐる門です。



 古来、このあたりは田安口といって上州に通じる道がありました。太田道灌時代には平将門を祀った田安明神(現:築土神社)が移ってきた事から門の名称の由来となっています。



 江戸時代に入り、このあたりは北の丸と呼ばれ、代官屋敷や大奥の女性の隠居所が建設されています。千姫や春日局の屋敷もあったそうです。




Dsc_0385
日本武道館




 江戸時代中期の享保15年(1730)八代将軍徳川吉宗は御三家とは別に将軍となる資格を有する御三卿を興します。次男宗武は,田安門の近くに居を構えたことから田安家を名乗りました。その他、四男宗尹は一ツ橋家。長男で九代将軍家重の次男は清水家を名乗りますが、それぞれ屋敷近くにある門の名称からとっています。



 田安門を入ると西側に田安家があり東側には清水家がありました。日本武道館はその境界付近に建っています。



 なお、御三卿から将軍が出たのは一ツ橋家のみで、11代家斉と15代慶喜が徳川宗家を継ぎ征夷大将軍となりました。田安家では吉宗の孫にあたり北の丸の屋敷で生まれた定信が十代将軍家治の後継と目されていましたが老中田沼意次の政治を批判していたため、陸奥白河藩へ養子に出され継承権を失ってしまいます。(後の老中・松平定信)



 この反動が後の寛政の改革へと繋がったのでしょう。田安家で徳川宗家を継いだのは最後の将軍・徳川慶喜の次の第十六代徳川家達で、すでに幕府は崩壊していました。



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/740-4dbf0bba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。