烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

品川弥二郎と大山巌の銅像

 九段下の田安門入口の隣の公園に二体の銅像が建っています。一つは明治期の政治家である品川弥二郎。もう一つは軍人であり政治家であった大山巌の銅像です。



Dsc_0392
大山巌の銅像



 大山巌は薩摩藩出身で攘夷派でしたが寺田屋事件発生により帰国し謹慎します。その後、生麦事件を発端とする薩英戦争で西欧列強との軍事力の差に衝撃を受け、幕臣江川太郎左衛門の元で砲術を学びます。戊辰戦争等で活躍し、明治以降、日清戦争では陸軍大将として第二軍司令官を務め、日露戦争では元帥陸軍大将として満州軍総司令官に就任し勝利に大きく貢献しています。ロシアに勝利した事は海外でも大きく報じられナポレオンと並び称される英雄となりました。



 その後、陸軍大臣、内大臣等を歴任し総理に推す声もありましたが政治的野心はなく断り続けています。また、薩摩出身の西郷隆盛とは従兄弟で兄と慕っていましたが西南戦争では政府軍の指揮官として戦ったためか、その後薩摩へ帰郷することはありませんでした。



 銅像は元々別の場所にありましたが第二次世界大戦後、GHQにより軍国主義に繋がるとして廃棄されそうになりました。しかし、最高司令官マッカーサーは大山の肖像画を部屋に飾るほど尊敬していた事から難を免れ各地を転々とした後、現在の場所へ設置されました。




Dsc_0532
品川弥二郎の銅像
       



 品川弥二郎は長州藩出身で松下村塾にて吉田松陰に学びました。その後、尊王攘夷運動に加わりイギリス公使館焼き討ちや、禁門の変に参加しました。薩長同盟成立では情報収集や連絡係として活躍しています。



 明治以降、官僚として働き維新の功績として子爵を授けられています。明治24年に第一次松方内閣で内務大臣に就任しますが、翌年の第二回衆議院総選挙での選挙干渉で死者を出した事から引責辞任しています。



 政治以外では獨協大学を創立する等しています。



スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/738-805445b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。