烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大村益次郎の銅像

Dsc_0395
大村益次郎の銅像




 九段下にある靖国神社の境内には大村益次郎の銅像が建っています。大村は長州藩出身の医者であり兵法学者でした。靖国神社は元々、戊辰戦争以降、官軍の軍人を慰霊するために創建された神社であり戊辰戦争を指揮し、その後、日本陸軍を創設した大村が中心となって創建されていますので銅像が建っているのもうなづけます。銅像は明治26年の製作で西洋式の像としては日本最古のものだそうです。


 大村は大変、囲碁が好きでしたが、いくさでは天才的な力を発揮した彼も囲碁はとても下手だったとの事です。



スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/736-47b3b5c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。