烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阪急囲碁まつり 詰碁グランプリ

Sany0204





張ウ九段が解説をする詰碁グランプリ。溝上八段、林七段、三谷七段が詰碁を作成し、張九段が解説と評価をするというもの。それぞれにコメントをして、林七段の詰碁を褒めた後、林七段がもう一題あるというので並べると失題(黒先白死のお題でコウの問題を出してしまう)。「これは減点ですねえ。これが無ければ林七段にポイントをあげようと思ったのですが」会場も笑い。
写真にあるのは解答が出ているものです。
張九段はこのあと世代別早碁で一力七段と対局しています。そのほかにもサイン会もあり、多くの方が張九段のサインを求めておられました。

スポンサーサイト

| 囲碁あれこれ | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/72-70b65a9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。