烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

皇居外苑~松平家の碁会

 江戸時代は幕府による囲碁の保護により囲碁文化が華々しく発展した時代といえるでしょう。

その中で最大の碁会といえるのが天保6年(1835)7月に開催された「松平家の碁会」です。

 老中首座の浜田藩主・松平周防守康任邸で行われ、対局は、名人碁所の本因坊丈和と赤星因徹。他に井上因碩―安井俊哲戦、安井仙知―林柏栄戦、林元美―服部雄節戦、本因坊丈策―坂口虎次郎戦など囲碁四家の当主、跡目クラスが総出演した大変豪華な碁会でした。しかし、その豪華な対局の裏では各自の様々な思惑が絡みあっていました。

 丈和は「天保の内訌」により争碁を打つ事なく天保2年(1831)に突然、名人碁所に任命されます。碁会を取り仕切った浜田藩の国家老・岡田頼母は安井家門人であり、丈和を参加させて打ち負かし名人の資格はないと公儀に訴えようという家元達の思惑があったのかもしれません。対局者は因碩の弟子で実力八段と言われた七段の赤星因徹でした。対局は赤星の優勢で進みますが、丈和は有名な「丈和の三妙手」を放ち勝利します。この時、赤星は血を吐き二ヶ月後に亡くなるという壮絶な対局でしたが「吐血の局」と呼ばれ古今の名局の一つに挙げられています。

 一方、主催の松平家にもある事情がありました。

天保5年(1834)に老中首座となった石見浜田藩三代藩主・松平周防守康任は、但馬出石藩の筆頭家老仙石左京の息子へ姪を嫁がせていますが、この出石藩で御家騒動(仙石騒動)が起こり康任は左京に有利な取り計らいをします。この騒動は康任に対抗し政権を掌握しようと考えていた老中水野忠邦の格好の材料となり取り調べの結果天保6年(1835)に左京は処刑されます。

 また、同時期、浜田藩にて竹島(現在の竹島ではなく鬱陵島)で行った密貿易事件が発覚しますが、藩の苦しい財政を救うため頼母も関与し、康任も黙認していたとされています。

 碁会はこうした事態の情報収集や打ち合わせのために、国家老の岡田頼母が上京する口実として使われたようです。

 結局、康任は老中を退き永年蟄居を命じられます。また、岡田頼母は事情聴取のため江戸への上京を命じられますが切腹してしまいました。

 一方、康任の失脚に成功した水野忠邦は、後に老中首座となり、「天保の改革」に取り組んでいきます。

 ところで、「松平家の碁会」はどこで開かれたのでしょうか。当時、上屋敷は西丸下(現・皇居外苑)、中屋敷は木挽町五丁目(現・新橋演舞場)、下屋敷は鉄砲洲(現・聖路加国際病院)・戸越村(品川区戸越)にあったようです

 会場は松平周防守邸となっていますので、ここからは推察ですが当時一般的には単に「~邸」と表記されていた場合、上屋敷を指す場合が多かったようです。碁会は老中退任記念で開かれたという説があり退去間近の上屋敷で開くかという意見もありますが、当時、老中首座に就任したばかりで退任する意思はなかったのではという研究者もいて上屋敷にて老中の権威を見せつけるためにも上屋敷で開催された可能性が高いと考えられます。

 

Gaien

「松平家の碁会」が開催された当時の上屋敷の場所。役職に対して幕府より貸与された屋敷で老中退任後、上屋敷は当時の中屋敷に移っています。
松平康任を追い落とした水野忠邦の屋敷が隣にあったのは意外でした。

    
             


Dsc_0344_4
現在の屋敷跡。敷地跡に内堀通りが通っています。



スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/716-fa237273

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。