烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊能忠敬の墓 源空寺

 東上野の源空寺には、日本で初めて実測により正確に描かれた地図「大日本沿海輿地全図」を作成した伊能忠敬の墓があります。
 延享2年(1745)に上総国山辺郡小関村(現・千葉県山武郡九十九里町小関)の名主・小関五郎左衛門家で生まれた忠敬は、18歳の時に、下総国香取郡佐原村(現・香取市佐原)の伊能家に婿養子に入り、商人として活動します。
 酒、醤油の醸造、貸金業などを営み、伊能家を再興した後、寛政6年(1794)、50歳の時に家督を長男に譲り隠居します。普通、後は気楽な隠居暮らしとなりますが、忠敬の偉業はこの後に始まるのです。隠居の翌年に江戸へ出た忠敬は、幕府の天文方・高橋至時に師事し、測量・天文観測などを学びます。寝る間を惜しみ天体観測や測量の勉強をしていたため「推歩先生」(推歩は暦学の意味)というあだ名で呼ばれていたそうです。その際、天体観測を利用して地球の大きさを計算しますが、師匠の高橋至時に、基準となる地点の距離間が短過ぎ不正確であると一笑に付されます。この事が、後年の測量事業のきっかけの一つとなったと言われています。寛政12年(1800)、56歳の時に、幕府の支援のもと地図作成のための測量事業が始まり、全国を廻ります。忠敬の測量は極めて高度であったことから幕府の支援が増強され、国家的事業になっていきます。そのデータにより再び地球の大きさを計算しますが、その値は、現在計測されている数値と0.1%程度の誤差という大変正確な値だったそうです。
 忠敬は「大日本沿海輿地全図」の完成を待たず、文化15年(1818)に74歳で亡くなりますが事業は継続され文政4年(1821)に完成します。地図の仕上げは、師匠・高橋至時の息子・高橋景保によるものでした。
 忠敬は遺言により師匠・高橋至時の眠る源空寺に葬られました。さらに地図を完成させた高橋景保も、その隣りに眠っています。



Imag1533
伊能忠敬の墓



                  



Imag1536
墓の裏面。側面にもびっしり文字が刻まれています。
                



源空寺:台東区東上野6-19-2

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/715-a5759d5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。