烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国会議事堂

Dsc_0465 Dsc_0466

 国会議事堂の前を通りましたので写真を撮ってきました。



 国会議事堂とは言うまでもなく国会が開催される建物ですが、その歴史についてはあまり知らなかったので、ちょっと調べてみました。


 現在の国会議事堂が現在地である永田町一丁目に建設される事が決まったのは明治20年(1887)の事ですが、同時に計画された官庁の霞ヶ関への集中化計画により本格的な議事堂を建設するには時間も資金も不足したため中止し別の場所に仮議事堂が建てられました。その後、仮議事堂の焼失による第二次仮議事堂の建設。日清戦争勃発による広島大本営に臨時議事堂建設等、色々な経過を経て、ようやく、本格的な議事堂建設に着工したのは大正9年(1920)のことです。


 建築工事中も色々あり、大正12年には関東大震災が発生。建築中の議事堂も仮議事堂もこの時は難を免れましたが、大正14年に仮議事堂が改修工事中の失火のため全焼し、第三次仮議事堂が建設されることになりました。この影響で新議事堂の完成は更に遅れる事となりました。



 ようやく竣工したのが昭和11年(1936)11月で着工から17年経っていました。ちなみに、竣工の数か月前の同年2月26日には陸軍武装青年将校が蜂起し永田町一帯を占拠した「二・二六事件」が発生しています。


 このように、完成までに色々あった国会議事堂ですが、完成後も第二次世界大戦や戦後の日本の激動の歴史を現在も見守り続けています。

スポンサーサイト

| 昭和時代 | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/705-7f6b488c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。