烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

服部半蔵の墓

Dsc_0560 Dsc_0562
西念寺本堂(左)と服部半蔵の寺(右)

 徳川家康の三河時代からの家臣である服部正成は通称を半蔵といいました。というより「服部半蔵」という方が一般的でしょう。


 服部家は伊賀国出身でしたが、半蔵の父は家康の祖父松平清康に仕えます。家督を継いだ半蔵は戦において戦功を重ね出世していきます。特に槍が得意で「槍の半蔵」という異名を持っていました。


 家康の長男である信康が織田信長の命により切腹する際、介錯を命じられますが涙を流して実施することが出来ませんでした。この出来事により家康の信頼を益々勝ちとっていきます。


 本能寺の変が発生した折は、先祖が伊賀国出身という事もあり、茶屋四郎次郎清延とともに伊賀・甲賀の土豪と交渉し家康の京都脱出の警護を依頼し世に言う「神君伊賀越え」を成功させました。この時協力した土豪(忍者)は伊賀同心、甲賀同心として家康に仕えますが、その指揮を半蔵が任されています。この事から「服部半蔵」は忍者の頭領として知られていますが、実際には本人は忍者ではなかったのです。


 家康が江戸城に入ると正成は大手門と正反対の門の前に屋敷を構え警護します。有事の際、将軍を守って脱出するためで門の名前は「半蔵門」と名付けられました。(名前の由来には異説もあります。)


 墓は服部家の菩提寺である四谷駅近くの「西念寺」にあります。元々紀尾井町の清水谷公園付近にありましたが江戸城の拡張に伴い現在の場所に移転しています。お寺には半蔵の槍も残されています。



              西念寺 住所:新宿区若葉2-9



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/701-4cbe05db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。