烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三囲神社

Dsc_0184 Dsc_0213
三囲神社の鳥居(左)と社殿(右)



Dsc_0185 Dsc_0212
三角鳥居(左)とライオンの像(右)




 三囲(みめぐり)神社は東京都墨田区向島にあります。創建時期は不明ですが、元は田中稲荷と呼ばれていたのが改築の際、地中から壺が発見され開けたところ中に狐に跨った翁の像が入っていて、この時どこからともなく現れた白狐が像の周りを三度回って消えたため三囲神社になったといわれています。

 神社が人々に知られるようになったのは、元禄6年(1693)に当時干ばつが続いていたため俳人の其角が雨乞いの句を奉納したところ翌日に雨が降ったという話が広まったためです。、

 
 江戸時代の豪商三井家(屋号:越後屋、後の三井財閥)は三囲神社を氏神として信仰していました。名前が三井の「井」の字を四角で囲んでいるようで三井家を守っているように見えるからとも言われています。

 神社のシンボルである「三角鳥居」は元々、三井邸にあったものを移設したそうですし、境内にあるライオンの像は池袋にあった三越百貨店の店頭にあったものです。

 また、日本橋の三越の屋上には三囲神社が祀られています。

住所:東京都墨田区向島2-5-17

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/689-9c608521

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。