烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金玉均の墓 真浄寺

Imag0938
真浄寺山門




Imag0939
金玉均の墓




Imag0940
甲斐軍治の墓




 以前、青山霊園にある李氏朝鮮末期の政治家・金玉均の墓を紹介しましたが、文京区向丘の真浄寺にも金玉均の墓があります。明治15年に日本を訪れ、明治維新とその後の発展に刺激を受けた金は、朝鮮の近代化のためには清国の属国からの独立を目指す必要があると考え、帰国後の1884年(明治17年)にクーデター(甲申事変)をおこします。しかし、清軍の侵攻により新政権は敗退し、金は日本へ亡命します。
 亡命中は福澤諭吉や頭山満らの支援を受けますが、清との関係を憂慮した政府により明治19年、小笠原諸島へ配流されます。その後、北海道に移り自由の身になって東京に帰ってきたのは明治23年になってからでした。
 金玉均は日本の囲碁界とも大きな関わりがあり、支援者を通じて方円社の村瀬秀甫に囲碁を教わっています。やがて、本因坊秀栄とも知り合い、年齢も近かった二人は意気投合し無二の親友となりました。対立していた方円社と家元側が和解し18世本因坊秀甫が誕生した背景に金玉均の働きかけもあったとも言われています。
 金が小笠原諸島に流布された時は、秀甫の死去により19世本因坊を再襲した秀栄が、度々訪れています。北海道へ引っ越した時も秀栄は同行し長期間北海道に滞在しています。
 また、後に21世本因坊秀哉となる元方円社員・田村保寿を秀栄に紹介したのも金玉均でした。
 亡命から10年たった明治27年に金は周りの止めるのも聞かず上海に渡り、そこで暗殺されました。遺体は朝鮮に運ばれ、バラバラにされて晒されたといいます。日本での支援者は金の遺髪や衣服の一部を日本へ持ち帰り葬儀を行います。青山霊園の墓は、犬養毅や頭山満らの支援で建てられたのですが、真浄寺の墓は甲斐軍治という人物により遺髪等が持ち込まれ建立された墓だそうです。甲斐はソウルで写真家をしていたと言われ人に頼まれて金玉均の遺髪等を手に入れ日本の送りました。墓の隣りに甲斐軍治の墓もあります。




真浄寺 : 文京区向丘2-26-9



スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/682-27e7cd4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。