烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西郷隆盛の銅像(上野公園)

Dsc_0148

                        



 上野公園の西郷隆盛の銅像を見てきました。いつも電車の窓から見ていて、上野公園にも何度も来ているのに、いつでも行けるという思いがあったからなのか何故か行きそびれていたので蜀山人の碑を見に行ったあとに訪れてみました。


西郷隆盛は明治維新の立役者でしたが明治6年の政変で下野し故郷の鹿児島へ帰り私学校を開きます。明治10年に新政府の政策に不満を募らせ各地で士族の反乱が起こる中、私学校の生徒が暴動を起こした西南戦争が勃発し西郷が指導者となり激戦の末、自刃します。


 西郷を大変気に入っていた明治天皇は、彼の死を聞き「西郷を殺せとは言わなかった」と洩らしたと言われています。西郷は朝敵となりましたが、明治天皇のそんな思いもあってか明治22年の大日本帝国憲法発布に伴う恩赦で赦免されています。上野の銅像は高村光雲作で明治31年に建立されましたが、朝敵であった西郷を顕彰するのに反対する人々もいたため軍服ではなく着物で愛犬をつれて狩りをしている姿にしたと言われています。


 西郷は親友であった大久保利通と同じく囲碁を趣味としていたようです。西南戦争時も洞窟の中で囲碁を打っていたと伝わっています。そんな事から明治100年を記念して昭和42年に日本棋院から名誉七段が贈られています。


スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/677-86eba360

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。