烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八世本因坊伯元の墓碑(幸手市)

Dsc_0120_2 Dsc_0116_2
本因坊伯元の墓は実家である尾崎家の墓の一画にあります。

Dsc_0119_4 Dsc_0118
他の墓に囲まれて分かりにくいですが「本因坊伯元」と刻まれています。



                     

 埼玉県幸手市は八世本因坊伯元、九世察元、十世列元と三代続けて本因坊を輩出したところです。現在、各本因坊の墓碑が発見されてそれぞれゆかりの場所に設置してありますが、永くその存在は知られていませんでした。



 平成11年から始められた市教育委員会と市民ボランティアによる市内石造物調査により偶然見つかったそうです。



 八世本因坊伯元は武蔵国幸手郡天神島村の小崎家出身で天文5年(1740)15歳の時に七世本因坊秀伯の門下に入ります。翌年には秀伯が危篤となり五世安井仙角が付添人となり八世本因坊となりました。門人となって日が浅く、年も若い伯元が跡を継いだのはそれだけ将来を期待されての事でしょう。この後、先代の頃から続いていた林因長門入の名人碁所就任問題については仙角とともに反対し、若く才気溢れる伯元との争碁を嫌った門入は願いを取り下げています。



 このように、将来を期待されていた伯元ですが宝暦4年(1754)に病に倒れ、弟子で同郷の察元を跡目として僅か29歳でこの世を去ってしまいました。



 この時期は囲碁界の中心であった本因坊家で6世知伯、7世秀伯、そして8世伯元と立て続けに20代で当主が死亡したため囲碁界全体が衰退していき、「暗雲の時代」と呼ばれています。



墓の場所:埼玉県幸手市天神島282
   「てんじん保育園」となりの墓地です。

スポンサーサイト

| 本因坊家 | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/673-402d2538

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。