烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「吉備真備公園」矢掛町

 7月16日のブログでお知らせしましたが、ようやく岡山と広島を訪れた時の記事  を紹介させていただきます。
 岡山県を訪れるのは約3年ぶりですが、前回、写真に撮り損ねて気になっていた場所がありまして、岡山市からは離れていますが直行することとしました。
 場所は倉敷市の隣にある矢掛町の「吉備真備公園」です。囲碁を日本に伝えたち言われる吉備真備を顕彰した公園で三年前に取材したのですが、この時に橋本宇太郎氏による「囲碁発祥之地」の碑を見落としていたため、ずっと気になっていました。

Imag4479
岡山駅

 私は車を運転しないのですが、知り合いとレンタカーで移動することとしました。途中に倉敷市真備町にある、第三セクターの井原鉄道井原線の駅「吉備真備駅」に立ち寄りました。
  吉備真備の名前が付いた駅で、近くには3年前に紹介しましたが吉備真備の菩提寺と墓があります。

Sany0066
吉備真備駅

 ようやく矢掛町の「吉備真備公園」に到着しました。入口には看板があり、そこに描かれた吉備真備は囲碁をしています。

Imag4485
公園入口

 三年ぶりに拝見しましたが「吉備真備公園」には巨大な吉備真備像と手前に石で出来た碁盤のテーブルがあります。

Imag4497
公園

 吉備真備公園の入口付近には「吉備公館址」の碑があります。この場所は土塁に囲まれた「だんのうち」と呼ばれる平地があって奈良時代の瓦片が出土しています。
 地元では「吉備公館址」と称されていて、吉備真備の出身の下道氏の館址と伝えられています。公園から少し離れた場所には下道氏の墓所があり吉備真備公の祖母の銅製骨臓器が発見されています。

Imag4483
「吉備公館址」の碑

岡山県小田郡矢掛町東三成3872−2



スポンサーサイト

| 本因坊登場以前の囲碁界 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/67-ecad7fc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。