烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

十世本因坊列元の墓碑(幸手市)

Dsc_0130 Dsc_0131
列元の墓碑がある澤村家の墓地



Dsc_0135 Dsc_0134
列元の墓碑。「本人坊」と刻まれている。



 八世本因坊伯元、九世察元は、埼玉県幸手市の出身である事は古くから知られていましたが、十世列元は江戸の生まれで幕府数寄屋方の組頭である山本家の出身であるというのが定説でした。一時、澤村性を名乗っていたことも分かっていて謎とされてきました。



 幸手市では市史編さんにともなう市内石造物調査を行っていたところ平成15年に察元の墓碑を発見しました。このニュースを見た市内上吉羽の澤村さんが先祖の墓地に「本人坊」と書かれた墓があり、家に伝わる古文書に差出人が本因坊と書かれた手紙がある事を届け出ました。



 研究者の調査により、澤村家の分家の過去帳に「列元」の記載を発見し、従来の定説を覆して列元が幸手市の出身であったことが判明したのです。



 「本人坊」の表記ですが、江戸時代は「本因坊」は「ほんにんぼう」と発音していたため墓を造るとき当て字で「本人坊」と刻まれたのではないかと推測されています。
 列元は、棋道中興の祖と呼ばれる察元の跡を継ぎ本因坊家の格式、権威を守ろうと努めます。各家元の跡目の中で本因坊家跡目を筆頭とすることにも成功しています。


墓碑の住所:埼玉県幸手市上吉羽328



スポンサーサイト

| 本因坊家 | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/668-dbb88e80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。