烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高幡不動尊と新撰組

 高幡不動尊は新撰組の土方歳三の菩提寺でもあります。境内には土方歳三像と「殉節両雄之碑」が建立されています。
 土方歳三像は、平成7年に東京日野ロータリークラブが郷土史家の協力のもとに歳三の姿を再現したものだそうです。
 「殉節両雄之碑」は明治21年に建立された近藤勇と土方歳三を顕彰した碑です。
 明治政府は戊辰戦争に関係した東軍戦死者の墓碑の建立を禁止していました。ようやくそれが改められた明治九年に日野宿の佐藤彦五郎を中心に「近藤・土方の忠節を顕彰する碑」を高幡不動尊境内に建立する計画が持ち上がります。碑の題字は新撰組の名付け親ともいわれる元会津藩主で京都守護職だった松平容保。碑文の筆者は元幕府御典医で新撰組隊士の診療にもあたった松本良順で製作されました。しかし碑が完成しても建立の許可がなかなか得られず、許可されたのが明治21年になってからだったそうです。徳川慶喜は、その碑文を読み、無言のまま涙したと伝えられています。



                          



Imag1085
土方歳三像と「殉節両雄之碑」



                



 高幡不動尊の大日堂には土方歳三の位牌や新選組隊士慰霊の大位牌等があり、更に奥殿では歳三の書簡ほか多くの新選組資料が展示されています。
 大日堂では毎年、5月の命日には法要が行われているそうです。



             



Imag1092
大日堂へ通じる山門



             



Imag1097
山門の彫刻



                   



Imag1098
大日堂



                     



日野市高幡733  Googleマップ



スポンサーサイト

| 東京散歩 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/643-48d91ad0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。