烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高幡不動尊の史跡1

歴史ある高幡不動尊にはまだまだ史跡があり、その一部を紹介します。
              
 「金剛寺旧五部権現社殿」は康平5年(1062)に源頼義が奥州反乱鎮圧に際し、ここに八幡社を勧請し、のちに稲荷、丹生、高野、清龍権現を合祀して五部権現と称するようになったそうです。
 現在の社殿の建立時期ははっきりしていませんが室町時代ではないかと推定されています。
                                       
Imag1094
金剛寺旧五部権現社殿                  
                               
 境内に室町時代の武将・上杉憲顕(憲秋)の墓があります。上杉氏は代々関東管領を勤める名門ですが諸家に分かれ争いも度々ありました。
 上杉憲秋は犬懸上杉家の出身で関東管領を勤めた上杉氏憲(上杉禅秀)の息子です。父・氏憲は応永22年(1415)には鎌倉公方足利持氏と対立し挙兵。鎌倉を制圧しますが幕府軍の介入により自刃します。上杉憲秋は当初父と行動を共にしていましたが病のため離脱したため生き延びています。
 享徳3年(1455)に当時の鎌倉公方足利成氏が関東管領上杉憲忠を暗殺した事に端を発し、幕府方・上杉方と鎌倉公方方が争った「享徳の乱」に参戦しますが、成氏の猛攻に遭い破れ、高幡不動の地において自刃したそうです。
                        
Imag1100
上杉憲顕の墓



                     



日野市高幡733  Googleマップ



スポンサーサイト

| 東京散歩 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/637-8b0d509b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。