烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

土方歳三資料館

 日野市石田にある新撰組副長・土方歳三の生家跡には現在「土方歳三資料館」があります。
 最寄りの駅は、多摩都市モノレール「万願寺駅」でホームにも「新撰組副長 土方歳三生誕の地」という案内がありました。



Imag1109
駅ホームの案内板




Imag1111
多摩都市モノレール「万願寺駅」



              
 歳三の生家は元々、土方家の墓所・石田寺の北側にありましたが、弘化3年、彼が12歳のときに発生した多摩川の洪水により、現在地へ母屋等が移築されたそうです。
 その建物も老朽化により、平成2年に建替えられましたが、生家に伝わる遺品史料公開の要望も多かったため、土方家の子孫の方々により平成6年に住居の一角を改葬して「土方歳三資料館」がオープンしました。以前生家にあった大黒柱や長者柱が資料館正面の梁や柱として活かされています。平成17年には、より充実した資料館となる様にと展示スペースを拡大し改装開館しています。
 私設資料館であり民家の一部であるため、開館日は通常第1・3日曜日の12~16時となっていますので訪れるときは注意しましょう。




Imag1112
「土方歳三資料館」入口




Imag1115
土方歳三像




Imag1116
土方歳三資料館
                        



日野市石田2-1-3   Googleマップ



スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 08:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/634-f6ad1956

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。