烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旧古川庭園

Dsc_0686
洋館
                            

Dsc_0688
洋風庭園
              

Dsc_0689
和風庭園
         
                    
 東京都北区にある旧古河庭園へ行ってきました。元々、陸奥宗光が邸宅として整備したもので次男の潤吉が古河財閥創始者の古河市兵衛の養子になった際、古河家の所有となりました。
 古河財閥は戦前の15財閥の一つで現在でも古河電気工業に名を残していますが、富士通もそのグループでした。また、鉱毒事件で有名な足尾銅山を経営していた古河鉱業も中核企業です。
 現在の庭園は三代目当主の虎之助(市兵衛の実子で潤吉の養子となる)が大正6年に整備したものです。
 洋館と洋風庭園は鹿鳴館等を設計したジョサイア・コンドルによる設計で、洋風庭園の下に日本庭園が配置されているのが特徴です。
 戦後は国有財産となりますが、都に無償で貸し出され昭和31年に都立公園として開園します。また国の名勝にも指定されています。
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/632-988af281

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。