烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吉田城 豊橋市

 先日、愛知県内を旅してきました。知り合いと一緒に新幹線で豊橋に行き、レンタカーで名古屋に向かって行くという行程でした。
              
 豊橋市のシンボルともいえる吉田城は現在、豊橋公園として整備され、園内には美術博物館、三の丸会館など文化施設も配置されています。隣接する豊橋市役所もかつての吉田城の敷地内でした。
 吉田城は、永正2年(1505)に今川氏の武将・牧野古白により築城されたのが起源で、その後、東三河の要衝として、今川・武田・松平ら戦国武将により激しい攻防戦が繰り広げられています。 
 徳川家康は、永禄8年(1565)吉田城を攻略し、配下の酒井忠次を配置します。家康の居城岡崎城を支援する重要な役割を担っていました。
 天正18年(1590)には徳川家康の関東移封に伴い、池田輝政が入城し、城の整備と城下町の整備を行っています。現在残っている遺構はこの時整備されたものですが、輝政自身は工事の完成前に関が原の戦いにより姫路城へ国替えとなっています。
 江戸時代は、松平・水野・小笠原・久世・牧野など譜代大名により度々城主が代わっています。
            
Imag1563
復元された吉田城本丸の隅櫓
             
Imag1558
裏御門跡
                    
Imag1569
二ノ丸跡
                
Imag1565
武具所跡から臨む豊川
                          
豊橋市今橋町3  Googleマップ



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/626-26696cf9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。