烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

後藤象二郎と囲碁(青山霊園の墓)

Dsc_0728 Dsc_0729
後藤象二郎の墓。左が正面の写真で戒名が刻まれている。右側が後ろ側の写真で後藤象二郎の墓と刻まれているが、道路側だったのですぐに確認できました。




 青山霊園には数多くの歴史上の人物の墓があります。今回、まとめて御参りしてきましたので紹介させていただきます。
 後藤象二郎は幕末から明治にかけて活躍した土佐藩出身の政治家です。土佐藩大監察として前藩主の山内容堂の支援により藩内で尊皇攘夷派であった武市半平太率いる土佐勤皇党を粛清する一方、産業振興を図り藩政改革を実施します。後に三菱を創業する岩崎弥太郎も象二郎により土佐藩の貿易会社「土佐商会」の主任に抜擢されています。
 象二郎は時代の流れを読み取る感覚に優れていたといわれます。「土佐勤皇党」は弾圧しましたが、世の中が尊王攘夷に傾くと「土佐勤皇党」と関わりのあった坂本龍馬と接近し、龍馬が考えた「船中八策」に基づき大政奉還を推し進めました。
 明治以降は新政府の要職につきますが、征韓論争に敗れ西郷隆盛らと共に下野します。その後、板垣退助による自由党にも参加し逓信大臣や農商務大臣等も歴任しました。
 象二郎は囲碁が好きだったようです。囲碁界においては明治以降設立された方円社を支援しています。方円社と家元側が深刻な対立状態であった時期に、象二郎は双方の仲介を行います。結果、方円社社長の村瀬秀甫と本因坊秀栄は和解して、十八世本因坊秀甫が誕生することとなったのです。
 象二郎は明治30年に心臓病により他界。享年60歳でした。

 

墓所の場所 : 青山霊園 1-イ13-24
スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/618-48475a35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。