烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金玉均と囲碁(青山霊園)

Dsc_0722
金玉均の墓
             
          
                
 青山霊園に李氏朝鮮末期の政治家・金玉均の墓があります。明治15年に日本を訪れた金玉均は、福澤諭吉らと親交を結びます。日本の明治維新とその後の発展に刺激を受けた金は、朝鮮の近代化のためには清国の属国である現状から独立を目指す必要があると考え、帰国後の1884年(明治17年)にクーデター(甲申事変)をおこし新政権を樹立します。しかし、清軍の侵攻により敗退し日本へ亡命しました。
 亡命中は福澤諭吉や頭山満らの支援を受けますが、清との外交問題を憂慮した政府により明治19年、小笠原諸島へ配流されます。その後、北海道に移り自由の身になって東京に帰ってきたのは明治23年になってからでした。
 ところで、金玉均は日本の囲碁界とも大きな関わりがありました。支援者を通じて方円社の秀甫に囲碁を教わり、やがて、本因坊秀栄とも知り合います。金と秀栄は年齢も近かったこともあり意気投合し無二の親友となりました。対立状態の方円社と家元側が和解し18世本因坊秀甫が誕生した背景に金玉均の働きかけもあったと言われています。
 金が小笠原諸島に流布された時は、秀甫の死去により19世本因坊を再襲した秀栄が、度々訪れています。当時の小笠原は3ヶ月に1回程度しか船便が無かったそうで二人の親友関係がわかります。北海道へ引っ越した時も秀栄は同行し長期間北海道に滞在したそうです。
 また、方円社を退社した後、事業に失敗し生活に困窮していた田村保寿を秀栄に紹介したのも金玉均でした。金の計らいで秀栄の弟子のなれた事により、後に21世本因坊秀哉が誕生することとなったのです。
 亡命から10年たった明治27年に金は周りの止めるのも聞かず上海に渡り、そこで暗殺されました。遺体は朝鮮に運ばれ、そこでバラバラにされ晒されたといいます。日本での支援者は金の遺髪や衣服の一部を日本へ持ち帰り葬儀を行います。そして、犬養毅や頭山満らの支援で青山霊園の外人墓地に墓が建てられたのです。

墓の場所:青山霊園外人墓地

スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/615-0507ec24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。