烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秀甫を評価していた中江兆民(青山霊園)

Dsc_0698
中江兆民の墓
              
             
                
 明治時代にフランスの哲学者ルソーを日本に紹介し自由民権運動へ多大な影響を与えた思想家・中江兆民は青山霊園に眠っています。
 兆民は弘化4年(1847)に土佐藩士の子として高知城下で生まれます。
 幼い頃から学問を学び、長崎へ藩の留学生として赴きます。この時、同郷であった坂本龍馬とも親交を結んだそうです。
 明治時代に入り岩倉使節団に同行しフランスへ留学留学し、帰国後、東京外国語学校の校長等を務めますが、文部省と対立し辞職します。
 その後、様々な新聞の主筆となりジャーナリストとして活躍する一方、18世紀フランス思想家ルソーの「社会契約論」を和訳し名を知られます。 明治13年に板垣退助が結党した「自由党」にも関わり自由民権運動へ影響を与えます。
 明治23年に実施された第一回衆議院総選挙に立候補し当選しますが、自由党内の対立に反発し、任期途中に議員を辞職。その後、北海道に移り事業を始めますが上手くいかず、再び政界復帰に向けて動き出した明治34年に病に倒れ54歳で亡くなりました。
 ところで、兆民は著書「一年有半」(明治34年発行)の中で「近代非凡人三十一人」を選出していますが、その一人に、方円社社長であった村瀬秀甫をあげています。
 旧来の家元制度から脱却し方円社を設立した秀甫を新しい時代の改革者として評価したのでしょう。ちなみに31人の中には、坂本龍馬、大久保利通、西郷隆盛らが名を連ねていて兆民の評価の高さが分かります。兆民自体が囲碁を愛好していたかは分かっていません。
 ところで、お墓にお参りしたときには気がつかなかったのですが、あらためて墓石を見てみると刻まれた名前は「兆民中江先生」となっています。他の一族の墓は「中江○○」となっていますので特別なのでしょう。外国語に堪能であった事から西洋にならい苗字より名前を先にしたのかもしれません。
               
 墓の場所:青山霊園 1-イ1-24
 
スポンサーサイト

| 囲碁が関わった出来事 | 05:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/610-8300d693

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。