烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

因幡の白兎の舞台・白兎神社

 誰もが知っている昔話「因幡の白兎」の舞台は鳥取市の白兎海岸という所で、海岸近くにはウサギを祀った白兎神社もあります。白兎神社の本殿を支える土台の石は「菊座石」と呼ばれる菊の花がデザインされたものであることから創建に皇室が関わっていたのではと考えられています。
 「因幡の白兎」は、白兎がサメをだまして島から陸へ渡ろうとしますが、ウソがばれて皮を剥がれてしまい、大国主命に助けられるという話で、「古事記」に記載された神話ですが、それはストーリーの一部分です。大国主命は出雲の沢山の神の末弟でした。ある時、因幡地方に八上姫(やがみひめ)という美しい姫がいて神々は揃って求婚のために因幡へやってきます。誰か一人を選んでもらおうというのです。大国主命は兄の神々の荷物を持たされ一人遅れてやってきて白兎と出合います。先に白兎海岸を訪れた兄の神々はウソをついた白兎が悪いと「海水に浸かったあとに日にあたれ」と言い怪我を悪化させます。それを聞いた大国主命は真水で洗い蒲の穂に包まるように」と言って白兎の怪我を直しました。白兎は八上姫の使いであったとも言われ、姫は心優しい大国主命を選び結婚しました。
ということで「因幡の白兎」は縁結びの話でもあることからNPO法人地域活性化支援センターによる「恋人の聖地プロジェクト」でプロポーズにふさわしいロマンチックな場所として「恋人の聖地」にも認定されています。



Imag0432 Imag0411
因幡の白兎のモニュメントと白兎神社の鳥居。道の駅が隣接しています。



Imag0419 Imag0420
神社の参道と白兎が身体を洗ったといわれる御身洗池



Imag0421 Imag0424
白兎神社拝殿と本殿



Imag0425 Imag0427
本殿の菊座石(左)と恋愛成就を願う絵馬(右)



Imag0437 Imag0435
白兎海岸。写真の島が白兎のいた島と言われています(左)。童謡「大黒さま」の歌碑(右)




 白兎神社:鳥取県鳥取市白兎603

スポンサーサイト

| 旅行記 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/61-c2668df7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。