烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忠犬ハチ公の碑(青山霊園)

Dsc_0707 Dsc_0708
飼い主であった上野英三郎の墓所の隣に葬られたハチ公の碑
                    
                     
                               
 先日、渋谷駅前の銅像で有名な忠犬ハチ公が亡くなった時の写真が見つかりニュースになっていましたが、ハチ公は青山霊園に葬られています。
 秋田犬のハチは大正12年に秋田県で生まれ、東京帝国大学農学部教授の上野英三郎が買い取り渋谷の自宅で飼われます。上野は農業土木学者で日本の農業工学創始者として知られています。
 ハチは毎日、主人を玄関で見送り、時には最寄の渋谷駅まで送り迎えしていたといいます。しかし、上野はハチがやってきて1年ほどたった大正14年に、大学で倒れ亡くなってしまいました。
 ハチはその後、上野の親戚に預けられますが、色々なトラブルにより最終的に上野家に出入りし小さいときから可愛がっていた植木職人の小林氏に預けられます。小林邸は渋谷の隣町で、ハチは上野の帰りを待つように思い出の場所である渋谷駅に出かけ夕方には食事のために帰ってくるという生活をしていたそうです。
 渋谷駅では通行人たちにしばしば悪戯されていたそうで、ハチのことを知っていて不憫に思った、日本犬保存会初代会長・斉藤弘吉が新聞に投書したため忠犬として世間に広く知られることとなります。
 ハチは昭和10年に路上で亡くなっているところを発見されます。小林邸に引き取られてから8年ほどたっていましたが、忠犬として世間が注目したのは晩年の2年ほどだけです。
 ハチの死後、渋谷駅で大勢の人々が集まり告別式が行われ青山霊園にあった、元の飼い主である上野氏の墓の隣に葬られました。
 なお、ハチは剥製にされ上野の国立科学館に所蔵されています。また、内臓はホルマリン漬けにされ東京大学農学資料館に展示されているそうです。内臓を最近調査した結果、重度のフィラリア(寄生虫)症と肺と心臓に癌が見つかり、どちらかが死因という事ですが、胃の中には焼き鳥の串が数本入っていたそうです。



      



 場所:青山霊園 1-ロ-6-12



スポンサーサイト

| 昭和時代 | 01:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/605-6d6e8cb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。