烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野田城

 愛知県豊川市から新城市へ移動して最初に訪れたのが「野田城跡」です。
 野田城は武田信玄が生涯最後に攻め落とした城として知られています。城は永正13年(1516)から天正18年(1590)まで75年間にわたり存続していました。
 野田城を築城した三河菅沼氏一族の菅沼定則は、当初今川方に属していました。今川義元が桶狭間で戦死すると菅沼氏は徳川方へ属するようになります。
 その後野田城は今川氏や武田氏からたびたび攻撃を受け落城を繰り返すことになります。
 元亀3年9月、武田信玄は西上作戦を発動し、徳川家康の領地、遠江及び三河に3万の軍勢を率いて侵攻します。迎え撃った徳川家康が「三方ヶ原の戦い」で大敗すると信玄はさらに軍を進め元亀4年に徳川方の野田城を包囲します。このとき家康は、三方ヶ原の戦いの大敗により支援できるな状態では無く、当時の城主・菅沼定盈と500名程度の軍勢は、武田軍との籠城戦を強いられることとなりました。
 武田方との兵力差は圧倒的でしたが野田城は1ヶ月間持ちこたえます。武田軍は無理に攻めることはなく、わざわざ甲斐の金山掘を呼び寄せて城のある山の側面を掘り、城内の水脈を断つことで落城に追い込んだそうです。
 野田城が落城し、次は徳川方の拠点、吉田城や岡崎城が攻められると思われていましたが、武田軍は突然侵攻を止め、甲斐へ引き返します。信玄の病状が悪化したためで、信玄は、その道中で亡くなっています。
 武田信玄が急に亡くなったことから地元では信玄は野田城からの狙撃により負傷して亡くなったという伝説が残されています。、黒澤明の映画で昭和55年のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した「影武者」は、この伝説を元に制作されたものです。
                           



Imag1619
野田城跡入口
              
Imag1617
野田城案内板
              
Imag1621
野田城跡の碑
           
Imag1624
野田城の井戸跡
                 
Imag1623
武田信玄を狙撃したといわれる場所
              
愛知県新城市豊島本城   Googleマップ



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/604-b9e83ff3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。