烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

志賀直哉(青山霊園)

Siga
志賀直哉の墓
            
           
         
 青山霊園には小説家の志賀直哉の墓があります。
 志賀は明治16年に宮城県石巻に生まれ東京で育ちました.祖父は古河財閥と足尾銅山を共同経営していた志賀直道だそうです。
 明治41年に小説家としての活動を開始し、明治43年には武者小路実篤らと同人誌「白樺」を発行します。同雑誌の作家を中心に「白樺派」と言われる文芸思想が興りました。
 「白樺派」のメンバーに学生がたくさんいて、当時、学習院院長だった乃木希典の教育方針と対立します。明治天皇崩御に伴い乃木が殉死すると日本国民が悲しむ中、志賀は「前近代的行為」と非難しています。
 志賀の代表作は「暗夜航路」「城の崎にて」等があり近代日本文学の代表作とされています。
 昭和46年に亡くなり青山霊園に葬られています。
                
 墓の場所:青山霊園 1-イ2-11
スポンサーサイト

| 昭和時代 | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/601-e4f25c8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。