烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水攻めで有名な高松城

 岡山県の矢掛町からの帰りに岡山市北区高松にある高松城跡に寄ってみました。黒田官兵衛の策により豊臣秀吉が水攻めを行った有名な城跡です。今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」でも重要なシーンとして取り上げられていました。
 築城時期ははっきりしませんが戦国時代の備中守護代・三村氏の家臣・石川氏が築城したと言われ、三村氏が毛利氏に滅ぼされると勇将・清水宗治が城主として入ります。
 天正10年(1582)に織田信長の命で羽柴秀吉が中国攻めの先鋒を務め、高松城攻めに取りかかりますが、周囲が沼地に囲まれた高松城は難攻不落を誇っていました。そこで、低湿地帯である事を利用して水攻めが考え出されたのです。実際現地に行ってみると現在は田んぼに囲まれている城跡が低湿地帯にあった事を実感できます。
 秀吉は戦いの総仕上げとして、ここに信長を招く準備をしていましたが、その途上で信長は明智光秀の謀反により死亡。信長の死を知った秀吉軍は毛利軍に、これを秘匿したまま毛利方と和睦。城兵の命と引き替えに宗治は切腹。秀吉は「中国の大返し」により光秀を討ち果たし天下取りへの道を開いたのです。
 城跡は現在「高松城址公園」として整備されています。



Imag4517
高松城跡

Imag4518
現地説明板

Imag4524
公園内

 本丸跡には清水宗治の首塚があります。船上で切腹した宗治は首を切られ、秀吉軍により首実検が行われますが、その後、返還され供養されています。

Imag4531
清水宗治の首塚

高松城址公園:岡山市北区高松558-2 



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/60-19993204

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。