烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

清水宗治公自刃之跡

 「高松城址公園」のすぐ近くにある妙玄寺境内に「清水宗治公自刃之跡」の供養塔が建っています。供養塔に向かって右側にあるのは宗治公の墓石であると伝えられています。天正10年6月4日(1582年6月23日)、豊臣秀吉による水攻めのため、宗治公は多くの家臣の命と引き換えに切腹します。切腹は小舟に乗り、船上で行われたと言われ供養塔はその場所に建っています。
 清水宗治は備中を支配した三村氏の重臣・石川氏に仕えていましたが、毛利氏が侵攻した備中兵乱では毛利方に味方し高松城主となります。以後は小早川隆景の配下として活躍。忠誠心に厚く、隆景をはじめとする毛利氏の首脳陣から深く信頼されます。城に立て籠もる宗治に対し秀吉は備中国を与えるとして寝返りを呼びかけますが宗治は拒否したと言われています。「本能寺の変」により秀吉は「中国大返し」を準備しますが、名将・宗治の最期を見届けるまではと切腹まで陣に留まっています。敵味方、双方から高く評価された人物でした。



 



Imag4544

清水宗治公自刃之跡(供養塔)



 



 清水宗治公自刃之跡のすぐ近くの田んぼの中に「こうやぶ遺跡」があります。秀吉の水攻めにより高松城主清水宗治が切腹すると、何人かの家臣がこの場所で互いに刺し違えて殉死したと伝えられています。
                                                                 



Imag4540

こうやぶ遺跡



 



Imag4542

こうやぶ遺跡



 







岡山県岡山市北区高松



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/59-9c05aa8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。