烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

設楽原歴史資料館

 天正3年(1575)5月に武田勝頼率いる武田軍と織田徳川連合軍が戦い、武田家滅亡のきっかけとなった「長篠の戦い」は、主に二つの戦いに分けられます。
 武田軍にとって山間部の甲斐国から平野部の三河へ出るための重要な拠点であった「長篠城」を奪回するため城を包囲して攻めた「長篠城の戦い」と、長篠城の窮地を知り、支援のためにやってきた織田徳川連合軍と武田軍が激突した「設楽ケ原の戦い」です。
 「長篠の戦い」といえば戦国最強といわれた武田騎馬軍団が、信長が考えた鉄砲三千挺を三段撃ちするという新戦法により打ち破ったことが有名ですが、この戦いは「設楽ケ原の戦い」のことです。
 戦場跡を望む丘の上に新城市立設楽原歴史資料館があり、火縄銃等、貴重な資料が展示されています。
                    



Imag1653
設楽原歴史資料館
                                    
Imag1655
館内展示風景
                           
Imag1656
館内展示風景
              
愛知県新城市竹広字信玄原552   Googleマップ



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/587-51f63112

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。